ムダ毛処理 思うこと

ムダ毛処理について思うこと

私はムダ毛処理をするのがいつも億劫です。

 

人と比べたことはあまりないですが、
たぶん毛深い方だと思うので処理する毛が多いのと範囲も広くしないといけません。

 

昔除毛薬を使って溶かして処理するタイプを使用していましたが、においがきついのと、
根本まで取りきれないことがあったので、今は石鹸で剃刀を使って剃る形でしています。

 

処理で困っているのは剃った後が黒く残ってしまうことです。
どれだけ綺麗に剃ったつもりでも黒くなるので剃りましたと言わんばかりにわかってしまうことです。

 

毛抜きで抜いているという人もいますが、私はそんな痛いことできないし、
そもそも一本一本やっていたら日が暮れてしまうくらい量があります。

 

それにムダ毛ってすぐ伸びてきてしまうので、そこまで労力を使ってもすぐ目立ってきてしまいます。

 

だから、脱毛をしてみたいです。

 

しかし経済的な負担がかかるし、
一回ではできないと思うので(私は毛が多いので)子供がいるとなかなか通うことができません。

 

それに、雑誌などで高額な永久脱毛したけど、
失敗というかまた毛が生えてきてしまったという記事を読んだこともあって、
保障制度はあるけれど何度も痛い思いするのは怖いという思いがあります。

 

経済的にも余裕ができ、また子供の手が離れたらやってはみたいかなとも思っています。

埋没毛をさらに毛抜きでほじくり出す荒技を使っていました。

ワキのムダ毛の自己処理をする時、カミソリで剃ると剃り跡が黒くポツポツと残ってしまうのが嫌で、次の毛が生えてきたらその都度、毛抜きを使って抜くようにしていました。

 

剃るよりも抜くことで毛がまた生えてくるサイクルが遅くなったし、当初は剃り跡が目立たなくてよかったのですが、いつも毛抜きを使って毛を抜くのを習慣づけてしまったら、だんだんと皮膚が黒ずんできました。ワキの部分だけ、はっきりと丸く黒ずんでしまったのです。

 

それでも、ムキになって毛抜きによる処理を続けていましたが、皮膚が硬くなってしまったのか、今度は埋没毛が目立つようになりました。毛が皮膚から出てくることができずに成長して、そのままニキビのような赤いこんもりとしたデキモノと化してしまい、見た目にも痛々しく悲惨な状態になってしまいました。

 

しかし、そのデキモノも痒くてたまらず、こともあろうか、毛抜きで赤いデキモノを突き破って中をほじくっていました。すると、恐ろしいことに、毛は皮膚の下で伸び続けていたらしく、汁や血とともに長い毛がピヨーンと飛び出てくるのです。

 

その毛をまた毛抜きで抜いていましたが、自分でも本当に気持ち悪かったです。
そういう状況になってすら、他によい脱毛方法を知らずに毛抜きで抜くのを止めたくても止められない状態がしばらく続きました。今考えるとすさまじく皮膚を酷使していたのですよね。反省しています。